skip to Main Content

永野 明

1975年6月26日福岡県生まれ。19才で上京し、1997年「無敵のハンディキャップ」(北島行徳著)を読んで感化され、1997年に障害者プロレス団体「ドッグレッグス」に入団。その後、選手として約4年の活動を経て、 2000年1月に地元でもある福岡を拠点とした障害者プロレス団体「FORCE」設立。

ハンドサイクリストとしての一面も持ち、2005年に本人がテレビで、ハンドサイクルで100km走っている人がいるのを見て、「自分ならもっといける」と3年間トレーニングを積み、「プロハンドサイクリスト」として競技活動に専念し、2016年のリオパラリンピック出場を目指すが、2014年12月24日に交通事故に会い、長期リハビリのため戦線離脱。2020年を目標にトレーニングを開始している。

ハンドサイクリストとしての偉業の数々
・2008年10月10日~19日までの10日間で東京-福岡間1200kmを『TE-DEマラソン2008』と称し、完走。
・2010年、12日間で九州一周約1000KMを計画し、完走。
・2011年9月25日-10月30日、北海道・宗谷岬-鹿児島・佐多岬(約3500KM)完走。

Back To Top
Close search
Search