motoyama

本山貢(もとやまみつぎ)

KT TAPE PRO
スーパーアドバイザー
国立大学法人和歌山大学教育学部教授
体育学博士

KT TAPE PROの開発・研究に携わり、KT TAPE PROの日本での第一人者として活躍中。また、介護予防のためのシニアエクササイズの研究には定評があり、全国各地で指導・講演等を行っている。
「これでなっとく使えるスポーツサイエンス」や「筋トレ&脳トレが同時にできるシニアエクササイズ」等数々の著書がある。

本山教授への一問一答

Q. 従来のキネシオロジーテープとKT TAPE PRO((以下PRO)の大きな違いを教えてください。

A. 日本で販売されている従来のキネシオロジーテープはすべてコットン(綿)素材でできています。一方PROは世界で初めて合成繊維素材で作られています。この素材の違いによって伸縮性・通気性・耐久性・かぶれにくさ等が格段によくなっています。またコットンに比べてPROは長時間のスポーツや運動で運動機能が高く維持され、疲労軽減効果が期待できることが我々の研究で明らかになっています。

Q. キネシオロジーテープは貼り方が難しいイメージがありますが・・・。

A. PROはプレカットされているので貼りやすく、またできるだけ少ないテープの量(1枚から3枚程度)で膝や腰、足首、肩などの部位をサポートできます。そのため誰もが簡単に貼れるように工夫しています。たとえば動画を見れば誰でも簡単に貼れます。高齢者の方でもすぐに貼れるようになります。多くの方々は貼り方を難しく考えすぎています。テーピングの専門家は複雑な貼り方をするのは当然ですが、一般の方ではできるだけ簡単な方法で貼ってみてほしいのです。基本は筋肉とテープをやや伸ばして貼り、筋肉の方向に沿って貼れば大丈夫です。関節や靭帯の周辺の場合はやや強めにテープを伸ばして貼ります。絶対このように貼らなければならないと考えすぎず、いろいろな貼り方を自分で試してほしいのです。そして自分なりに動きがよくなったり心地よい状態を調整してみることです。それによっていつでもどこでもテーピングを活用できるようになります。すなわち自分に合った貼り方を見つければよいのです。

Q. PROについてはどのような研究をされているのでしょうか?

A.  コットン素材の製品とPROの素材の違いによる筋力や運動機能の変化などです。たとえばPROを貼ったときの皮膚温の変化や最大パワー、ミドルパワー、筋損傷、筋疲労、筋電位の変化などです。また、高齢者にPROを貼ったときの運動能力の変化やトレーニング実験を行っています。PROはコットン素材のテープより多くの点で優れていると思います。特に大きなパワーや筋力を長時間持続的に発揮しなければならないスポーツに有効だと思います。たとえばマラソンや球技、登山やウオーキングなどです。
また、わたしの研究では、高齢者にPROを1枚貼っただけで運動機能が10%程度向上し、10歳の筋力の若返りを示すという実験データもあります。またPROを貼って運動を継続すると貼らない場合と比べて2倍体力の改善が認められていました。すなわちPROを貼って運動した方が体力の改善率が高くなる可能性があります。

Q. 今後の抱負をお聞かせください。

A. スポーツや運動を愛好する多くの方々にPROを活用してもらえるため、PROに関する様々な実験研究を行いエビデンスの確立に努め、PROの有効性を明らかにしていきたいと思っています。また誰でもいつでも自分で筋肉や関節などに貼ってもらえるようキネシオテーピングのイメージを変えていきたいと思っています。それによってPROを若いアスリートから高齢者世代のスポーツや健康維持増進に活用してもらえるよう普及に努めたいと考えています。

Search